2019年3月21日木曜日

おかしい勤務時間

こんばんは、こうちゃんです。

今回もまた、いつも通りの悲しきブラック企業あるあるですが、

まず、一応求人サイトなどには休日が表示されているものの、
実態としては、休日にはみんな自主的に勉強に、という建前で、
休日返上で出勤、そして、勝手に来てるので、と勤務時間に扱われず、
ただのサービス休日出社、
休みなど月1日程度、
一日20時間勤務、
これが日本のブラック企業の実態です。

ちなみに、転職サイトなどでも大手は、サイトに載せてる会社情報が嘘八百だったりした場合は、ペナルティとして以降掲載を受け付けない、などの決まりを設けているところもあることにはありますが・・・実際には一度勤務してしまった社畜が、自社の告発をすることなど稀で、悲しいですがほとんどの場合、労働者に不利益な真実など握りつぶされておしまいですね。

あまりにもブラック企業が多すぎて、監視も是正も厳しいのはわかりますが、
ちゃんと取り締まってくれたらいいのに。
一応建前上政府も、日本の社畜の、世界一劣悪ともはや世界中で有名な労働環境を少しは改善しようとは言ってるわけで、
ほんと、じゃあもう巨大なメス入れてくれよと、
労基違反があったら、直接の責任者と会社の代表は全財産没収の上、無期懲役、
会社はお取りつぶし、没収資産などはせめて社畜たちに振り分けてやってくれよと。

そんな平和な世の中がいつか訪れて欲しい今日この頃です。
まあ、そんな日はいつまでも来ないんですけどね。
ほんとなんでこの国の社畜は立ち上がらないんでしょうね・・・
あ、立ち上がらないから社畜になってるのか、悲しい。

戦国時代などの一揆みたいに社畜みんなで武力蜂起して、社長を倒したりできたらいいのに。
ブラック企業の社長なんて殺人者も同然なんですから、武力蜂起で殺害しても無罪とかにしてくれればいいのに。
今までも過労死者をザクザク出してる悪徳企業が山のように出てるわけですし。

こうちゃん

2019年3月12日火曜日

残業代の廃止

こんばんは、こうちゃんです。

ブラック企業において当然のようになってしまっている切ないあるあるのひとつで、
これも時に公然と行われていて焦るのですが、
残業はあります、が、残業代は払いません、というもの。

えー、本当に、意味がわかりません。
一応裁量権のある取締役には残業代は払わなくてもよいですが、
全社員が取締役なわけはないし、むしろ平社員には労働の裁量権がなく、
当然そうした社員には残業代を支払うことは労働基準法でも決まっています。

が、ブラック企業のブラック企業たるゆえんは、そんな法になど従わぬ、と平気でぶち破ってきます。
もちろん、これは違法ですので、就活の段階でそんな会社に出くわしたら入るのはやめておきましょう。入ってから労基に訴え出て改正を狙う、というのもできますが、苦労の割に見合うものはないので、そもそも近づかないのがなによりです。
ただ・・・真のブラック企業ですと、面接などでは言わず、入社してからそれを言い出す、という恐ろしいところもありますので、そうした場合はまあ、自分の勤務実態がわかる、タイムカードのコピーなどをしっかりとっておいて、労基への通報、それでも変わらない場合は、弁護士に依頼して、未払い残業代の請求を行いましょう。
たいていの会社は未払い残業代請求すると、会社をつぶして社長はドロン、が定番ですが、それでも社会悪をひとつ消せるわけですし、どうか少しの勇気でこの世に平和を。

未払い残業代の山を処理したら会社がつぶれる、なんて心配のあるところもあるかもですが、ええ、遠慮なくつぶしてください。
ブラック企業がきちんと淘汰されていくことで、適法な会社が増えるわけで、一時的に自分の仕事場がなくなっても、そんなとこで働くより長い目で見ればプラスになるかと。
どうか悪環境に慣れてしまわないようにしてくださいませ。

こうちゃん

2019年3月6日水曜日

社畜の鎖自慢

こんばんは、こうちゃんです。

以前の記事で、現代の不遇な待遇に甘んじている奴隷根性の社畜のことを、
奴隷の鎖自慢と言いましたが、
その精神は、ずっと健在で、
居酒屋や、ちょっと話せる場所に行くと社畜同士は、

「先月の残業が100時間を超えた」
「最近仕事で家に帰れてない」
「今月はすべて休日出勤だ」
などと不遇をうれしそうに語り、
定時帰りやホワイトな労働環境にいる人間を、
うらやむのでなく、怠惰な人間だ、などと蔑む、

そんな、優秀な奴隷となっている姿がよく見られます。
これは現代版の、「社畜の鎖自慢」です。

この国は、幼い頃から、和を乱すのはよくない、だの
先生の言うことには絶対服従(=権力者には絶対服従)だの、
優秀な社畜になるようにしつけていますので、
当然と言えば当然ですが、悲しい習慣ですね。

きっとどこの国でも、いつの時代もこうした奴隷の鎖自慢は繰り返してきたんでしょうね。
よく聞く、いつの時代でも言われる「今どきの若いもんは」という言葉も同様ですしw

こうちゃん