2019年5月21日火曜日

社畜は会社の養分である

こんばんは、こうちゃんです。

社畜ってのは、悲しき会社の養分に過ぎないというのがよくわかる画像

社畜電池
というイラストが泣けます。


右下の方に使い捨てられた社畜が転がり、
また、傍らには予備の社畜がいるのが物悲しいですね。

実際世の無数にある悪徳企業なんてみんなこうして社畜の人生を犠牲にして経営者だけが笑ってるんですもんね。

こうちゃん

2019年5月14日火曜日

昔と今の会社イベントの違い

こんばんは、こうちゃんです。

的確に昔と今の会社イベントの違いを指しているコピペがあったのでご紹介。

昭和
土日潰して社員旅行やゴルフも来るンゴ。その代わりに最後まで面倒みるで。死ぬ時は一緒やで。

2017年
土日潰して社員旅行やゴルフも来るンゴ。お前の稼ぎはピンハネするンゴ。
給料は上がらンゴ。でも辞めたら困るンゴ

なぜこうなった

まさしくですね。
昔はちゃんと、日本の歴史にある御恩と奉公のように、
会社に尽くせ、その代わり高給も、定年までのキャリアパスも保証するで、
みたいなギブアンドテイクだったのに・・・

いつからか社員は社長を儲けさせるためだけの奴隷だぜ、
扱いが当然になってしまったんでしょうねえ。

そりゃあ若者が働きたがらないわけですね。

こうちゃん

2019年5月3日金曜日

社員旅行が地獄

こんばんは、こうちゃんです。

これもブラック企業あるあるですが、
社員旅行が地獄
です。
昨今では大きな企業以外、あまり社員旅行もなくなってきていますが、
時折社員が1桁くらいの小さなブラック企業などでは、奴隷の鎖を強化するために、社員旅行があったりします。
大きな会社ですと会社負担で社員旅行を行ったりもしますが、
小さな会社では当然普段の給与から、社員旅行分のお金を自動で差し引いて積み立てとかですし、ただでさえ少ない給料がより少なくなれていたりします。

そして、それがまだ楽しければよいのですが、
ブラック企業の社員旅行というのは地獄で、
ただただ社長を楽しませるための旅です。
社畜たちは芸を教養され、宴会などでは上層部を接待しなくてはいけなく、
女子社員はただセクハラされに行くだけという、金も心も減る地獄の時間になっております。
入社を検討する際には、福利厚生などで社員旅行の有無などはちゃんと確認しておきましょう。
また、ロクにそうした情報は載せていない会社もありますので、入ってしまってから地獄を味あわないように、できれば社員旅行の有無や、仮にあるならば、その費用は給与から天引きなのか、などは確認しておきましょう。
仮に天引きじゃなくて、会社負担で旅行させてくれるとしても、
その分の費用は結局会社のお金が減ってる、イコール給料が安くされているようなもんですし、まあ社員旅行の無い会社を選ぶのが無難でしょうねえ。

こうちゃん

2019年4月15日月曜日

転勤がある

こんばんは、こうちゃんです。

まずブラック企業の第一に挙げられると言ってもいい条件がこれでしょう。

転勤がある

まるで、当たり前かのように企業は社員にあっち行って、こっち行って言いますが、
労働者に人権など認められていなかった昭和ならまだしも、
社員の意思に反して会社の都合だけで生活基盤のある土地をコロコロ変えろ、など犯罪的なやり口です。

一応、建前上は社員に承諾するか確認している、などと言っているところもありますが、断ればずっと社内で冷や飯食いなど、待遇を露骨に悪くするところが多く、実質断れないものと見ていいです。

そもそも、その地で生活するために就職し、場合によっては結婚したり、家を買ったり、生活の場を築いていて、あくまで生きるために働いているに過ぎないのに、たかが仕事のために、生活の方を放棄しろなど、人権侵害も甚だしいですよね。
なんで、どこか遠い地で労働力が必要ならそこで雇わないんでしょうね。
そんな金も無い会社が、魔の手を広げて仕事場を拡大しようなど甘すぎるにもほどがありますね。

また、転勤が社会悪で、社員に嫌がられる仕組みであることを理解した上で、現代の法制度では、解雇が難しいので、辞めさせたい社員にわざと転勤辞令を出しまくって辞めさせる、というパワハラ的やり方をする企業も存在します。
かつてその事例での裁判も起こっています。

早く労基でも、雇用契約時に定めた土地での労働以外は違法、とかにしたらいいのに。

世の人々の嘆きで、家を買ったら転勤をさせられた(ローン等で家を買っていたら、転勤はイヤでもまず退職しないから)、結婚したら海外勤務に(同じ理由)、などひどい事例での嘆きが多々転がっています。
どうか、世の中から転勤というひどい制度がなくなりますように。

こうちゃん

2019年4月8日月曜日

組合禁止

こんばんは、こうちゃんです。

これは・・・
もはや最初から法を逸脱する気まんまんで苦笑なのですが、本当にこんなことを就業規則に書き出すブラック企業はあったりします。
なお、ここで言う組合とは、労働組合のことで、
まず、
労働組合(ろうどうくみあい、英語:trade union、labor union)とは、労働者の連帯組織であり、誠実な契約交渉の維持・賃上げ・雇用人数の増加・労働環境の向上などの共通目標達成を目的とする集団である。その最も一般的な目的は、「組合員の雇用を維持し改善すること」である。略称は、労組(ろうくみ、ろうそ)、ユニオン。単に組合と呼ぶこともある。
そして、この組合は、
労働組合を組織する権利(団結権)および組合活動をする権利(団体交渉権)は、日本国憲法第28条で「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する」として認められている。
として憲法で労働者に認められた権利です。

にも拘わらず・・・

会社規則で、「組合禁止」

て、もはや謎の規則です。
組合の結成は従業員の権利として保証されているというのに・・・
法より、脳内お花畑の、会社なんだから自分が王様だと思うバカ社長だと、
こういうルールを制定されたりします。

まあ、組合なんて結束して、俺様のルールに逆らうような意見を持つな、という、そのバカ社長の気持ちとしてはわかりますが、当たり前ですが、支配される方はたまったもんじゃないですし、
黙って一人で死んでてください、て感じですね。

労働基準法違反の罰則があまりにゆるいからこんなことが起きるんですよね。
過労死やパワハラの事例がこれほどまで多く出てきている現代なのですから、早く厳罰化が進めばいいのにと切に願います。

こうちゃん

2019年4月2日火曜日

有休取得義務化?

こんばんは、こうちゃんです。

日々ブラック企業対策の情報に耳を傾けておりますが、
今度は日本のブラック企業あるあるのひとつ、

有給休暇が取れない

の対策ができるそうです。
有給休暇を年に10日以上付与されている社員には、最低年5日有休を取らせなければならない、という法案が決定、
なんと、これはスピード実施になり、
2019年4月、そう今から施行されることとなりました。
そして、この年5日以上の有休を与えなかった場合、違反企業には30万円以下の罰金が課せられるそうです。

まあ、これ自体はめでたい話ですね。
本当に実施され、労基がちゃんと仕事し見張ってくれて、この日本の有休を取れない風潮が少しは改善されるのでしたらいいんですけど・・・
なんていうか、まあ無いよりはマシですけど、こんな法案の時点で、
この国はブラック企業のひどさを甘く見過ぎてますよね。

今だって、見せかけの有休取得率を上げて転職サイトなどに掲載するために、
年末年始や夏休みを、すべて最初から営業日にしていて、そこを休みにするために強制有休消化日にしている悪魔のような会社が多々あるというのに、
この法案通っても、5日とらせればよいのならば・・・
年末年始に5日間有休消化日にしてしまえばいいだけですよね。
それ自体には特に罰則は無さそうですし。

転職サイトなり、会社の紹介なりに書いてある、年休が130日、とかの会社でしたらまあまあ期待はできるかもですが、
そもそも年休110日とか、もっとひどいとこですと、年休100日未満のところなんて、
どう有休をあてようが、そもそもが地獄ですよね。

有休をとらせるとか、社畜たちの労働環境改善を謳うのでしたら・・・
そもそも年休も120日以上とか義務づけてくださいよ、という話で。

このブログでもさんざん書いてきていますが、
そもそもの悪環境を放置していて小手先だけで改善させた風に見せかけるのはやめてくれませんかね。
とはいえ、これが無駄なのは真のガチブラック企業だけで、
そこまででもない、そこそこブラック企業wで、社員が多いところなどでは、
このご時世、SNSなどですぐに情報、悪評が漏れますので、
今回の法案に対応して、少しだけ休みやすくなる可能性はありますね。

まあ、こうした法制度の改正などの評価が出るのは数年後でしょうけど、今よりはちょっとはマシになることを祈りましょう。
まっとうな企業で改善が進み、7割方で高評価、ブラック企業では、単に年間休日を減らすだけで、実際にはより有休が減ってしまうだけで低評価が3割方、といった予想ではあります。

こうちゃん

2019年3月21日木曜日

おかしい勤務時間

こんばんは、こうちゃんです。

今回もまた、いつも通りの悲しきブラック企業あるあるですが、

まず、一応求人サイトなどには休日が表示されているものの、
実態としては、休日にはみんな自主的に勉強に、という建前で、
休日返上で出勤、そして、勝手に来てるので、と勤務時間に扱われず、
ただのサービス休日出社、
休みなど月1日程度、
一日20時間勤務、
これが日本のブラック企業の実態です。

ちなみに、転職サイトなどでも大手は、サイトに載せてる会社情報が嘘八百だったりした場合は、ペナルティとして以降掲載を受け付けない、などの決まりを設けているところもあることにはありますが・・・実際には一度勤務してしまった社畜が、自社の告発をすることなど稀で、悲しいですがほとんどの場合、労働者に不利益な真実など握りつぶされておしまいですね。

あまりにもブラック企業が多すぎて、監視も是正も厳しいのはわかりますが、
ちゃんと取り締まってくれたらいいのに。
一応建前上政府も、日本の社畜の、世界一劣悪ともはや世界中で有名な労働環境を少しは改善しようとは言ってるわけで、
ほんと、じゃあもう巨大なメス入れてくれよと、
労基違反があったら、直接の責任者と会社の代表は全財産没収の上、無期懲役、
会社はお取りつぶし、没収資産などはせめて社畜たちに振り分けてやってくれよと。

そんな平和な世の中がいつか訪れて欲しい今日この頃です。
まあ、そんな日はいつまでも来ないんですけどね。
ほんとなんでこの国の社畜は立ち上がらないんでしょうね・・・
あ、立ち上がらないから社畜になってるのか、悲しい。

戦国時代などの一揆みたいに社畜みんなで武力蜂起して、社長を倒したりできたらいいのに。
ブラック企業の社長なんて殺人者も同然なんですから、武力蜂起で殺害しても無罪とかにしてくれればいいのに。
今までも過労死者をザクザク出してる悪徳企業が山のように出てるわけですし。

こうちゃん

2019年3月12日火曜日

残業代の廃止

こんばんは、こうちゃんです。

ブラック企業において当然のようになってしまっている切ないあるあるのひとつで、
これも時に公然と行われていて焦るのですが、
残業はあります、が、残業代は払いません、というもの。

えー、本当に、意味がわかりません。
一応裁量権のある取締役には残業代は払わなくてもよいですが、
全社員が取締役なわけはないし、むしろ平社員には労働の裁量権がなく、
当然そうした社員には残業代を支払うことは労働基準法でも決まっています。

が、ブラック企業のブラック企業たるゆえんは、そんな法になど従わぬ、と平気でぶち破ってきます。
もちろん、これは違法ですので、就活の段階でそんな会社に出くわしたら入るのはやめておきましょう。入ってから労基に訴え出て改正を狙う、というのもできますが、苦労の割に見合うものはないので、そもそも近づかないのがなによりです。
ただ・・・真のブラック企業ですと、面接などでは言わず、入社してからそれを言い出す、という恐ろしいところもありますので、そうした場合はまあ、自分の勤務実態がわかる、タイムカードのコピーなどをしっかりとっておいて、労基への通報、それでも変わらない場合は、弁護士に依頼して、未払い残業代の請求を行いましょう。
たいていの会社は未払い残業代請求すると、会社をつぶして社長はドロン、が定番ですが、それでも社会悪をひとつ消せるわけですし、どうか少しの勇気でこの世に平和を。

未払い残業代の山を処理したら会社がつぶれる、なんて心配のあるところもあるかもですが、ええ、遠慮なくつぶしてください。
ブラック企業がきちんと淘汰されていくことで、適法な会社が増えるわけで、一時的に自分の仕事場がなくなっても、そんなとこで働くより長い目で見ればプラスになるかと。
どうか悪環境に慣れてしまわないようにしてくださいませ。

こうちゃん

2019年3月6日水曜日

社畜の鎖自慢

こんばんは、こうちゃんです。

以前の記事で、現代の不遇な待遇に甘んじている奴隷根性の社畜のことを、
奴隷の鎖自慢と言いましたが、
その精神は、ずっと健在で、
居酒屋や、ちょっと話せる場所に行くと社畜同士は、

「先月の残業が100時間を超えた」
「最近仕事で家に帰れてない」
「今月はすべて休日出勤だ」
などと不遇をうれしそうに語り、
定時帰りやホワイトな労働環境にいる人間を、
うらやむのでなく、怠惰な人間だ、などと蔑む、

そんな、優秀な奴隷となっている姿がよく見られます。
これは現代版の、「社畜の鎖自慢」です。

この国は、幼い頃から、和を乱すのはよくない、だの
先生の言うことには絶対服従(=権力者には絶対服従)だの、
優秀な社畜になるようにしつけていますので、
当然と言えば当然ですが、悲しい習慣ですね。

きっとどこの国でも、いつの時代もこうした奴隷の鎖自慢は繰り返してきたんでしょうね。
よく聞く、いつの時代でも言われる「今どきの若いもんは」という言葉も同様ですしw

こうちゃん

2019年2月26日火曜日

奴隷の鎖自慢

こんばんは、こうちゃんです。

ちょっと底辺界で有名なパワーワード、
「奴隷の鎖自慢」
について少々解説をば。

現在では、日本の社畜の数は今やものすごいことになり、一億総貧困時代などとも呼ばれ、有史以来最大の奴隷制度とも揶揄されていますが、
その奴隷状態の社畜たちは、大半があきらめとともに自身の身の不幸を受け入れてしまっています。

そして、その不幸な身の上を嘆き逆らうどころか、同じく社畜仲間とどれだけ自分の待遇がひどいかを自慢し合っている実情です。

この思想の根底には、昔からある、奴隷の鎖自慢という行為、思想が根付いているように見えます。

奴隷の鎖自慢とは、忙しさにかまけて自由すらない自らの境遇に嘆いたり憤ったりするどころか、むしろ労働力として搾取される自分を誇りに感じ、忙しさを自慢の種にする、卑屈な奴隷根性のこと。

元は、
リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて語った内容で、

奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、
驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、
奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、
あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を 血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの 唯一の誇りを見い出しさえしている。

とのことです。
悲しいことに奴隷はいつもこうなのですね。
たぶん、100年前も1000年前もきっと鎖自慢していたのでしょうね。
奴隷ですら時に反乱を起こして待遇改善を要求していたというのに、
現代ではみな社畜は富裕層に搾取され死を待つだけというのに誰も抵抗しないなんて・・・数千年の間に社畜のDNAには搾取され続けることが刻まれてしまったんですね。

あまりこんなことが多いと、社畜の抜け出そうとする精神はなくなってしまいますよね。
鎖自慢なんて習慣化しない方がいいですよね。

こうちゃん

2019年2月13日水曜日

給料上げずに会社が滅ぶ

こんばんは、こうちゃんです。

近年のブラック企業のすご過ぎる矜持を見た気がします。

http://jin115.com/archives/52199333.html

企業「助けて!人手不足で倒産が増えてるの!外国人就労拡大して!」←意地でも給与上げる気は無いんだな…

そう、真のブラック企業は、
従業員の給料を上げるくらいなら倒産を選ぶのです!!
人間の発想ならば、
従業員の給与を上げる
→社員定着
 →業務安定化で収益
  →結果自分の収入にも
これがまともな経営者、いや人間の発想でしょう。

しかし、ブラック企業の経営者は違います。
ただ稼ぐだけならホワイトでも、他の商売でも、
極端に言えばどんな手段でもいいでしょう。
しかし、奴らがなぜブラック企業にこだわるか、単に、社員という自分よりもはるかに力の劣る存在を不幸にするのが楽しいからです。

決して逆らわない虫けらをプチプチつぶすことが快感なので、奴らはそれを続けるのです。
給料アップ、そんなことをすればそんな虫けら社員どもが、一時的にでも幸せを感じる、それが許せない。

そんなことを許すくらいなら、潔くその場(会社)をたたむ、一見本末転倒なようでも、
奴らブラックのボスどもはそれくらい歪んだ性格と嗜虐心だけで成立する悪魔のような存在なのです。

ゆめゆめ忘れてはいけません。
ブラック企業の経営者に同じ人間の心が通じるなどとは。
やつらは自分の会社を社員に支えてもらおう、なんて殊勝な考え方はありません。
自分の懐をとにかくあっためるために、社員という使い捨ての燃料をただ燃やし尽くせばいいとしか思っていないのですから。

こうちゃん

2019年2月2日土曜日

長く働くことがえらいという風潮

こんばんは、こうちゃんです。

これまたブラック企業にありがちな、というか、もはや日本の会社に蔓延する終わり過ぎていて笑えない風潮なのですが、

残業してる奴が偉い
休まない奴が偉い

というダメな風潮。
会社なんだから、利益を上げることが偉いんじゃないんですかねえ。
時間内に効率よく仕事をして、適度に休んで英気を養ってバリバリ働く、そんな当たり前の人が、なぜか怠け者扱いされて、就業時間中ダラダラして仕事を進めず、ただ遅くまで会社にいるだけの人間が評価される。
そりゃあ日本の会社はどんどん落ちぶれますね。

本当は、
残業してる奴は無能
休まない奴はアホ

という風潮にしなくては社会はよくならないんですけどね。
本当は、もっと言えば、会社で働く奴は無能って、風潮になって、通勤時間なんてこの世の無駄がなくなり、会社で働く人間なんていなくなればもっと平和になるんですけどね。
産業が立ちいかなくなるので仕事をなくせ、とまではいいませんが、少なくとも通勤なんて無駄な行為がなくなり時間に余裕ができて、その分浮いた、とまた仕事をかぶせなければ、労働者も余裕ができて、究極はこのIT全盛のご時世、みな自宅で仕事できればそれがなによりかと。

こうちゃん


2019年1月27日日曜日

人手不足って

こんばんは、こうちゃんです。

http://blog.livedoor.jp/kekkongo/archives/1897190.html

今や空前の人手不足とのことですが、よく考えますと、そこまで景気がよくなっているわけでもない、少子高齢化と言っても長いスパンであって、一年二年で、じゃあ若い労働力が全滅したのか?
といってもそんなわけはない。

まあ、単純に、奴隷不足だと言ってるのでしょうね。

職の方が不足していた時代に、若者を低賃金でこき使い、どんどん壊していって、
鬱、自殺、生活保護、ニート、とせっかくの潜在的な戦力となる若い力、労働力候補をどんどん駆逐していった結果がこれでしょうよ。

今でもきちんと法令順守しながら、高い給料出せば誰でも来ると思いますよ。

経営者が社員の何倍も給料もらって肥え太りながら、テレビ見てコーヒー飲んで女子社員にセクハラしてるだけで過ごし、従業員はタダ同然でこき使おう、そんなこと考えるブラック企業ばかりになったから、どこも人手不足なのでしょうね。

まず自分の自由で仕事も金も選べる時点で、経営者なんてのは社内のだれよりも安い賃金で働くべきでしょう。
それがイヤならどこか会社勤めすればいいわけで、自由も欲しい、誰よりも金も欲しい、そんな横暴がまかり通るわけないでしょう。
そんな会社は、かたっぱしからつぶれてください。

燃えPaPa

2019年1月15日火曜日

人の命は50万円

こんばんは、こうちゃんです。

またひどいニュースの続報が・・・

http://lifehack2ch.livedoor.biz/archives/51668432.html

過労死させた代償は、罰金50万円

は?

色々冗談かと思える結果ですけど、
まあ今までは、金持ってる企業が、社員をいくら殺しても、
マスコミがちょっと騒ぐだけで、法的にはいっつも無罪にしてたことを考えると、
会社の責任を認めた画期的な判決、とも言えるかもしれませんが。

あまりにも額が安すぎる!
過労死するほど社員をコキ使って上げた利益に対して、たったこれっぽっちの罰金じゃ、社員を雇っては死ぬまでコキ使って、利益を上げまくって、死んだらたったの50万円払って、はい次、って。
ちょっと意味がわからないんですけど。
人一人殺してるんですから、最低でも普通の人間の生涯賃金の想定の倍は当たり前、罰金は3億円以上、会社が払えなければ、経営陣は全財産没収、くらいしなくては見合わないでしょうに。

そもそも少子高齢化、労働力不足とか言うなら、
その若い世代をロスしないようなルールにしていけばいいのに・・・

まず、今回のように、
会社の責任で過労死、過労自殺させた場合、
直属上司と経営者の死刑、これは絶対でしょう。
そうしたら必死に上役は自殺者など出さないように気を配るでしょうし、
逆に、労働者側も本当に会社に恨みを持つほどひどい待遇にされたら、
せめて死ぬことで最期の復讐ができるわけで、
どう考えてもwinwinですよね。

そして、サービス残業や、タイムカード改ざんのような、
悪質な労基違反も、現在は罰則無しとかいうくだらない始末ですが、
経営者は10年以上の懲役、会社の全資金罰金、会社は必ず倒産くらいにすべきでしょう。

よく、そんな厳罰化したら、会社がつぶれうんぬん、という、くだらな過ぎる意見を出してる人もいますが、
単純に全ケース考えれば何も問題ないですよね。

労基を厳しくしたら会社が潰れry
→悪質な会社は潰せばいい、何も困らない

その会社の社員が困る
→ブラック会社が潰れれば、そこが不当に食っていたシェアが解放され、
 ホワイト会社が潤う、そして人手が必要になり、ホワイトな雇用が生まれる

ブラック経営者にも人権うんぬん
→ありません。そもそも社員の人権を奪って利益を得ていた悪党に、その報いを与えない現代社会こそ無法地帯そのものなので、実質大量殺人犯を野放しにしていたのを正しい裁きにかけるだけじゃないでしょうかね

少なくとも、ブラック会社養護する人間は、少なからず、ブラック会社のような仕組みで、自分が弱気人間から搾取する側に回りたいか、すでに回ってるかですよね。

まっとうな人間であるならば、労働者を人間らしくすることに何の反対があるのでしょうかね。

こうちゃん

2019年1月3日木曜日

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。
こうちゃんです。

昨年中はお世話になりました。
昨年は徐々に世の企業のブラックっぷりを告発、紹介してきましたが、
本年もこれまで以上に精力的にがんばっていこうと思いますので、
どうかよろしくお願いいたします。
読む人に有益な情報が渡せるよう、罪のない人々が悪辣なブラック企業の被害に合わないよう、がんばります。

こうちゃん